Painting Cropped  .jpgKMF24, Inc. 素敵なワインをナパ・バレーから、、

Anomaly Napa Valley アノマリー

アノマリー・ヴィニヤード

セントヘレナ、ナパ・バレーに位置する。

アノマリーのフィースト・ビンテージは1997年、2000年にワイナリー建設許可を所得し2002年の収穫前にワイナリーが完成しました。2000sqの石壁で建てたワイナリーには、地下をケーブ建設アノマリーワイン醸造に合わせたコンパクトなワイナリーです。

生産数は、クオリティー優先。

1997年フィースト・ビンテージは、300ケースですぐに完売。葡萄の苗木も順調に成長し徐々に生産量も増えて来ました。もちろん天候の状況により収穫量に影響がありますが、2007年ビンテージは、886ケースになりました。

現在は3カ所に葡萄畑を所有し2001年ビンテージは、2カ所の畑で葡萄を収穫、2000年にカバルネに適した5エーカーの畑を購入、畑管理者のダッグ・ワイトによりカバルネ・カバルネフラン・ペティベルドを2001年春に植えました。新しい畑の名前は、1999年に亡くなった私たちのワインラベルデザインを手がけた彼女を偲んでINDEE’S VINEYRDSインディーズビニヤードと命名、2004年から収穫が始まりました。
COSETTEIS VINEYARD-0.73エーカー, ASHBY’S VINEYARD-2エーカーの畑も順調に成長し8エーカーの畑から収穫を得る事が出来る様になりました。
すでに8年間満足出来るワインを生産し続け米国メーリングリスト顧客に完売しました。



left-11.jpg
left-2.jpgleft-plans.jpganomaly-wine-bottle.jpg
winery-2.jpgwinery.jpgteam-steve-linda-thumb.jpg

クリックすると拡大します。

ボーシェン・ヴィニヤード

カリストガ手前東のナパ・バレーに位置する。

ボーションビニヤードは、1999年にこの場所を手に入れ2006年に地下カーブ・ワイナリーを完成させDann, Doug, Shawanの3家族で運営、ショーンが経営・ワイン醸造・セラーでの作業となんでもこなし自然とともに自然に支えられながら活動、ボーションビニヤードの歴史は古く1890年から始まり、スーザンが庭をデザインし直し多くの出来事が現在のボーションビニヤードに歴史的ストーリと伝統を作り上げて来ました。

生産数は、クオリティー優先。

ダンが地下カーブをデザインしボーションはナパバレーで9番目に環境に優しいワイナリーとして認定され、使用する水に配慮・地下カーブでは、電気使用を必要としない保管システム・30kwソーラーシステムで年間60、000パンドの量の二酸化酸素排出を抑え、電気フォークリフト利用も環境への

ボーションビニヤード代表ワイン、カバルネサービニオン。
自社畑の厳選された葡萄を使用しワインの伝統やバランス、凝縮感を大切に
して作られたワイン。ペティベルド・メルロ・マルベックをブレンド、18ヶ月フランス産の樽で熟成しボトルで1年熟成、最も優れた樽を厳選してボトルに詰められたワイン。
2007年は大変良い年で花やダークチョコレートの香り、ブルーベリー・セイジ・ミルクチョコレートの味わい、2007年のベティベルドは特に豊かでしっかりした香りとバラの味わいがありました。タンニンのバランスもよくオオークの甘い香り。



wine.jpg

07_boeschen_750.jpg07_carrera_750.jpg

クリックすると拡大します。

ブオンクリスティアーニ

ナパ・バレー東の山に位置する。

ブオンクリスティアーニは、若い4兄弟(マット、ジェイ、アーロン、ネイト)が一緒になり夢と希望を追い求め最高級ワインを目指し、ワイン醸造・ワイン栽培を追求しつつ優れたデザインも取り入れ全て収穫は手で摘み細心の注意を払い、生産量が少なくなっても量より質を重んじ誇りを持ってブオンクリスティアーニ ワインを生産します。

ヴィンテージ2006年からの取り扱い。現在は、山の中腹にケーブ・ワイナリーも完成。

2006 Napa Valley O.P.C – Proprietary Red
ロバート・パカー氏90点 “隠れた名品“ 花の香り、ブラックベリー、干し黒葡萄、胡椒、新鮮な酸と花、柔らかく深見があり心地よいフィニッシュ。
イタリアの血を受け継いだ4人兄弟が細かく畑を分け細心の注意を払いながら手作業でワインを生産、OPCはとてもクオリティーの高い品質に仕上がり20ヶ月フランス産オーク樽で熟成、2008年にボトルされブオンクリスティアーニから自信を持って生産。

O.P.Cは、力強い濃い男性的なワインです。毎年その品質は向上し、荒削りな力強い口当たりです。アメリカ的で印象の残るワイン、長熟タイプで時が経つ程表情を変えて行くワインです。



buoncristiani_brothers.jpg

NV_OPC_Large.gif

クリックすると拡大します。

コーナーストーン・セラー

ナパ・バレーの中心地、三カ所の畑を所有。

コーナーストーンは、20年以上古風な製造方法で造るワイン。ワイン収集家にも楽しまれているナパバレーのカバルネサービニオン、4カ所の畑から厳選された葡萄を使用しオーガニック農法を取り入れナパバレー セントヘレナ畑の特徴をよく表したワインを生産。

毎年エレガントなナパ・ワインを生産。またオレゴンのシャルドネ、ピノも生産。ノースコーストのカジュアル・ワインも、

ワインメーカージェッフとコンサルタントのピーターと共に畑の細部にわたり、目指すワインの為に毎年最高の葡萄のみ使用、畑の特徴を表現させる事が最大の目標です。現在オーガニック葡萄を使用し環境に優しいだけでなく最高の葡萄に適した農法を取り入れ、畑ごとに手作業で収穫、収穫時期も2ヶ月間葡萄が最も良い状態で収穫。毎年出来上がるワインは、一つの作品で同じ物はまったくないと言ってよいでしょう。
コーナーストーン・カベルネ・ソーヴィニヨンは、一般的カベルネの製法よりもピノの製法を取り入れ優しく繊細に生産、タンニンの特徴が現れ長熟可能、若いビンテージも楽しめチャーミングな味わい。

コーナーストーンは、オレゴン州でシャルドネ、ピノの生産も行っており、地域の特徴を生かしたワイン生産を進めています。

コーナーストーンのカベルネは、シンガポール航空のビジネスクラスでも取り扱われたナパ・バレーの優等生ワインです。



Cornerstone.jpg

11_Chard_White1.pngCornerstone-Oregon-Willamette-Valley-Pinot-Noir--871.png
cornerstone_01.jpgth-1.jpeg

クリックすると拡大します。

イーグルス・トレース

ナパ・バレーの中心地から東の山、中腹に位置し穏やかな土地。

全ての最高のワインには、センスが必要でフランスではテロワールと言います。
場所・土壌・気候。イーグルストレースは、コーンバレーで25年以上葡萄を育て常にセンスのあるワインを生産して来ました。始まりはホームメイドワインでワイン造りは40年以上、その後1980年にデイビス大学で学び本格的にワイン醸造を始める。

オーナーのGusガスは、本当に葡萄を育てるのが大好き、ワインを造るのが大好き、今日も元気に畑にワイナリーに、、

Eagles Trace(イーグル・足跡) は、アメリカと私自身の歴史でイーグルは1782年に米国のシンボルマークになり、その後大きく時代が動き開拓者が西に希望と夢を追い歴史に足跡を残して来た。そんな米国の歴史と開拓精神を持ち続けすばらしいワインを造り、今後もより良いワインを造り続けて行きます。

1981年にフィリスとガスは、現在の葡萄畑に興味を持ちましたが土地は売りに出ていませんでしたが交渉の末1983年2月に購入する事が出来、ガスの息子トッドと彼の奥さんによりコーンバレー畑の開発が始まる。そのご27年間すばらしいボルドースタイルのワインを生産し、消費者やワイン鑑賞家にロバート・パーカーから賞賛を受けボルドーの兄弟と評価され続けています。
ガスも年齢的に引退する時期で息子のトッドが経営を引き継ぎガスは畑に集中する事になりましたが、1年もしないうちに自分自身ワインを造る事の楽しみと喜びに気がつきました。
ガスの誕生日80歳を祝い2人でイタリア、ヨーロッパ記念旅行に出かけました。80歳を超えても精力的に動き回り息子に心配され仕事を止める様言われています。私がガスと出会ったときも彼の運転で畑やワイナリーを案内してもらい、まだまだ元気に動き回っていました。
2013年夫妻は、ダイヤモンド婚を迎えました。素晴らしいですね、、、



p7curvitudeLogo.gif

andersons_valley_1858.jpgcavemain.jpg
Cab1BottleStore.jpgCave_2603b.jpg

クリックすると拡大します。

ジャッド・ヒル

ナパ・バレー東のシルバーラード通り沿いに位置。

Art Finkelstein ジャッド・ヒルの創設者。
アート・フィンケルスティンは、30年以上のワイン醸造の経験があり、楽器から音楽を、粘度から陶磁をそして新鮮な食材からすばらしい食事を作り出すのは全て芸術と考える、しかし畑で質の良い葡萄を育てワインを造る・・・・厳しいがやりがいのある事で他にはなかなかない楽しみがある。完璧を目指しチャレンジして行くのは芸術に似て常に驚かされます。

今のジャッド・ヒルは、過去の歴史があって出来上がり、そして息子へ・家族へ引き継がれ

ワイン造りに出会う前は、音楽を始め様々な芸術を探求して来た。ロサンジェルスで芸術家として成功を収め、自宅でワインを造り始めたのが70年代前半でロスやオレンジカウンティーで色々なワインコンテストにも出場し毎年ワインの質が向上して来た頃1971年にナパに訪れた時に本格的にワイン造りにのめり込んで行き、1979年にセントヘレナの畑を購入しデザイン建設したワイナリーがWHITEHALL LANEホワイトホールレイン。
 その後ホワイトホールでワインを造り続け1980年の翌年にファーストビンテージを世に送り出し製造量も増え順調に歩んで来た。しかし経営が忙しくワイン造りから遠ざかり30000ケースの製造まで発展を遂げたが1988年にパートナー(弟)と共にワイナリーを売却。

ワイン造りは、小さい方が良い事に気づきアートと妻BUNNIEバァニィーで14エーカーのヒルサイドの畑を購入、ここでもワイナリーをデザインして出来上がったのがJUDD’S HILL。基本理念は、3000ケース以下の生産で全ての行程に細心の注意を払える事に喜びを得て1989年カベルネサービニオンをファーストリリースしました。
 アートは、セラミックアートを続け料理の腕前もサンフランシスコ新聞でマスターワインメーカー兼シェフとして取り上げられ、アートとベァニィーと共にワイナリーを運営、そして彼らの息子JUDDジャッドと娘HOLLYホリィーが最高のワインを造り出しています。
、2011年 アートは、自分の夢を家族に託し天国へ旅立ちました。



Judd_thumbsUpSMALL.jpg

News.jpg4_2010_mothersday_offerLoRes.jpg
DSCF3328.jpgLobsterLuauSpread.jpg

クリックすると拡大します。

キャプサンディー

ナパ・バレー中心地のシルバーラード通り沿いに位置。

ルー・カプクサンディが造る最高のワイン、ハンガリーの移民ルーは、シアトルで建設業を経営し本当の自分の夢を追う事がなかなか出来なかった。しかし幸運な事に妻のBobbieボァビィと息子Louisルイスと共にヤントビルに位置するベリンジャー所有の畑を手に入れる事が出来、全ての苗木を植え替えワインメーカーで有名なヘレン・ターリーと夫ジョンを迎える事が出来た。

トップを目指し、そして100ポイントを達成。強い意志と情熱。

現在のセラーマスターは、デニス・マルベックで彼はシャトーラツゥールで90年代に仕事をし、ロブ・ロウソンが2005年からワイン造りに参加、2006年は97点をロバート・パーカーから評価され彼は1999年頃からカプクサンディのワインに注目していた。
オーナーのルーは、多くのフランスワインを愛しナパにもその伝統や食事に似合うワイン造りを目指して来ました。すでに色々な所で話題になっているカプクサンディのワイン、彼は他のカルトワインの様に高額になる事を望んではいません。出来る限りフェアーに私のワインと信念を感じ楽しんでもらう事を重んじています。今新しいカルトワインに近いワイン、もしくはすでにカルトワインに上げられているワインかも知れません。ワイン業界ではすでにそのような認識でナパのワインでも本当のボルドースタイル、ボルドーワインに近いナパ・ワインです。


2006 Kapcsandy Family Winery Cabernet Sauvignon State Lane Vineyard Yountville
度数13.7%、8%メルロ、1%カベ・フランク。フルドディー、深いルビー色、黒干し葡萄の香りが深い伝統を感じ甘草、スミレ、ミネラルとチョコレートの苦み渋み。 Cuvee以上に凝縮感と締がある。見た目よりたくましくボルドーの様にミネラルを感じるがフルーツ感も強く味わえる。フィニッシュもしっかり長熟に適している。時期ビンテージには、Grand Vinとラベルに記する予定。2006年は約500ケース生産。




DSCF3354.jpg

DSCF3493.jpgDSCF3465.jpg
DSCF3351.jpgDSCF3359.jpg

クリックすると拡大します。

サヴィナ・ヴィニヤード

ナパ・バレー セントヘレナ中心地から北に2キロ。

2002年 デイビッドとスーザン・サビンはサビナビニヤードを開設、デイビッドの母のサビナ・セィバンは家族の中心人物でワイン名にした事を誇りに思っています。以前はシカゴで生活していた家族もすでに成長しデイビッドとスーザンはナパに移住し小さな家族経営の出来るワイナリーを目指し、何度も有名バーガンディーのワイン生産者を訪ね、世界的レベルのカベルネソービニオン生産を目指しオーガニック農法も大きな目標と定め芸術的建造物を造り同じ様にワインにも芸術を求めています。

シカゴ実業家からの転身。

サヴィナの畑は、昔から葡萄造り農家が運営していましたが、幸運にもデイビッドは、この土地を手に入れる事が出来ました。
もし私にもチャンスがあれば、縁があれば手に入れたくなる場所。当初この土地に植えられていた葡萄の苗木は、少々時代に取りのこられた状態、それを一からやり直し残ったのは土地の周りのフェンスだけ、、
家を建て直し、畑を作り直し、、同じ様な経験のある私には、その苦労が伝わってきます。

芸術を哀史ワインを愛し、家族を愛し、、、
毎年ワインのポテンシャルを確実に高め、目指すワインを追求し続け、何よりも彼の人柄がワインに現れていると思います。




logo.jpg

david_and_susan.jpg
DSCF3295.jpgDSCF3286.jpg

クリックすると拡大します。

ティエラ・ロハ

ナパ・バレー中心地、ゴールデンクロス地区。

ティエラロホの歴史は古く1923年 アルが土地を購入ジンファンデルなど栽培、現在のナパワインカントリーへ葡萄の実を販売、自宅で自分の飲むワインを造っていました。現在に至るまで何度かオーナーも変わりリンダ・ニールが所有管理しています。畑はオークビル東の斜面にあり近くにはスクリーミング・イーグル、マヤワイナリーなどがあります。オークビル東の土地は非常にユニークで29号線の土壌と比べ明らかに違いが見て取れます。ボルかニック火山土の赤土、この非常に赤々とした土が赤ワインによくナパ・バレーでも特別で上質なワインを造り出しています。

葡萄畑専門の女性。

リンダは、25年以上の葡萄畑での経験を生かし1987年にティエラロホの土地を手に入れ時間を惜しんで葡萄を育てて来ました。ティエラロホの土地は昔からの土地で傾斜もきつく、現在では葡萄畑の許可のでない場所で作業も大変、しかし自分自身を表現出来るワインに魅了され日々ワインの向上に力を注いでいます。

ワインメーカーは、サビナビニヤード同人物デイビッド・ディサンテ。
2006年 カベルネソービニオン ティエラ・ロホ
カラー: プラム・パープルにザクロの鮮やかさ
アロマ: ダークチェリー、干し葡萄にモカ
フレーバー: 口に広がるオークビル東の特徴があるチェリー、花の香りが広がり力強く生きいき新鮮の特徴があります。ブラックベリーとスパイシーなプラムの香りにモカが口の中に余韻とし長く残ります。
2009年リリース、100%オークビル、カベルネソービニオン使用、250ケース生産。



クリックすると拡大します。

ヴィンロック

ナパ・バレー東山頂、青い空に一番近い。

ビンロックの名前の由来は、岩の多い土地、葡萄畑とワイナリーの場所から由来しています。
ナパ・バレー東の山の奥に位置するビンロックの標高は高く500メートル、夏に多く見られる雲や霧は300メートルの高さで昼前までとどまる事がありビンロックの畑では常に朝から太陽の陽を浴び、温度差が葡萄を育てるのに適した気候、岩の多い土地でナパ・バレーの中でも他とは違う特徴を持ち色・味凝縮感がしっかりとしたワインを生み出します。


山頂の特徴がワインに

通常1エーカーから3〜4トンの葡萄を収穫しますがビンロックでは1トンしか収穫しません。収穫された葡萄はすぐに隣接するケーブに運ばれ丁寧に選別された後醸造行程に進み熟成、12年目になる2006年のビンテージは、ワインでナパ・バレーの品評会でトップ100に選ばれ、その中の25以内12番目。2005年のビンテージは、サンフランシスコ新聞社主催の品評会で金賞を2009年2月28日に受賞しました。

凝縮感とバランス、黒葡萄、チョコレート、ヒマラヤ杉、タンニンのバランスもよく柔らかい、今飲んでも長く熟成しても楽しめます。





vinroc.jpg

vinroc2.jpg

クリックすると拡大します。

ヴォルカー・エイセル

ナパ・バレー東、チルズ・バレー。

1974年からエイセル・ファミリーにより葡萄を育て今に至ります。
ナパ・バレーの地区でも気温差が大きく、霧に包まれる特殊な土地柄。60エーカーの広い土地には、地層の違いや池の近くの葡萄に色々な特徴を与えてくれます。

アレックスは、三代目。

大きな体の印象と違い温厚で笑顔が素敵なナイス・ガイ。母親を気遣い畑管理・営業・経営、畑の作り直しなど色々なチャレンジを行い、これからも続けて行くでしょう。特に自然に配慮し、川を利用する動植物にも配慮し畑開発を行っています。
ヴォルカーの畑は、東の山奥。ナパ・バレー中心地から山を15キロ以上走り突然開けた高地に畑が現れます。まるで葡萄を育てる為の地形が自然に出来上がったかの様な場所です。

生産量は、5000ケース以上。ワイン評論家ロバート・パーカーから、間違いの無いナパ・バレーのカベルネ・ワインと評され、バランス良く仕上がっているナパ・ワインです。





DSCF3405.jpg

DSCF3381.jpgDSCF3404.jpg
DSCF3414.jpgDSCF3438.jpg

クリックすると拡大します。

YouTubeにてKMF24検索で取り扱いのワイン・ビデオが御覧頂けます。
YouTube - kmf24